abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクター油田 豪(あぶた ごう)がダイエットや健康について語っていきます。

今だから積極的に食べたい超優良食材

f:id:abney:20200523150517j:plain


こんにちは。

 

コロナウィルスの影響で、多くの方が外出する機会がめっきり減ったのではないかと思われます。私自身も食材を買いに出かけるのと、運動不足を感じて近所をたまに散歩する以外は基本的に引きこもって生活しております。

 

そんな今だからこそ食べる機会を増やしたいオススメ食品が・・・ニンニクです。

 

ニンニクは昔から「スタミナがつく」なんて言われていますが、科学的にもニンニクの健康効果は証明されていまして、主には疲労回復効果、コレステロール値の改善、さらに近年ではアンチエイジング効果まであるなんて言われております。

 

また、高い殺菌作用を持ち、免疫力を高めてくれる効果もあるので、まさに今こそ食べる機会を増やしておきたいところです。私も先日まとめ買いをしまして、ここ最近は毎日ニンニクを食べております。

f:id:abney:20200523145540j:plain

ニンニクと言えば、強烈なニオイですが、このニオイはニンニクに含まれるアリインという成分によるもの。厳密にはアリイン自体は無臭なのですが、刻んだり、すりおろしたりしてニンニクの断面が空気に触れると、アリインがアリシンという成分に変わり、このアリシンが強烈なニオイを放ちます。

 

 ニンニクの臭いが気になる方は「ニンニクを食べる前に牛乳を飲む、ニンニクを食べた後にリンゴを食べる事でニオイ対策になる」というのが一般的ですが、それでも気になる方はニンニクを「切らずに加熱」することでアリシンの生成を抑え、ニンニクのニオイをある程度は抑える事が出来るので、こちらも試してみると良いかと。私は現状、ほぼ人に合わない仙人のような生活をしておりますので、ニオイ対策は全くしておりませんが(笑)

 

そんなニンニク、前述の通り高い殺菌作用を持つのですが、逆に殺菌作用が高すぎて、一度に大量摂取すると胃壁を傷めたり、腸内の常在菌まで殺菌してしまったりする可能性がありますので、食べすぎにはご注意を。生なら1日に1~2片まで、加熱する場合はもう少し多くても大丈夫ですが、せいぜい1日に5片くらいまでにしておくと良いでしょう。

 

そんなわけでニオイや摂取量に気をつけたいものの、ニンニクは疲労回復や免疫力向上にアンチエイジングまで、利点だらけの優良食材ですので、みなさんも積極的に取り入れてはいかがでしょう。ちなみにスーパーなんかで売ってるチューブのおろしニンニクは添加物の割合が多かったりして、摂取してもニンニクの健康効果は小さいのでご注意を。

 

 では。

スポンサーリンク