abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

脳を疲れにくくさせるための〇〇断ち!!

f:id:abney:20190518091424j:plain

こんにちは。

 

以前、コーヒーはアンチエイジングやデトックスに効果的!なんて記事を書きました。

www.abney.fit

この記事に書きました通り、コーヒーの健康効果はすごく高いんですが、眠りが浅くなったり、体内の水分を排出してしまうなんてデメリットもあったりするのでちょっとばかり注意が必要だったりします。

 

また、調べてみたところコーヒーに含まれるカフェインは脳に疲労を感じやすくさせるというデメリットもあるらしいです。

 

短期的にはカフェインは脳に疲労を感じにくくさせて覚醒させてくれるんですが、日常的にカフェインを摂り続けていると、この効果は薄れてきて、最終的にはむしろ脳が疲労しやすい状態になってしまうそうです。

 

昼食後の眠気を覚ますためにコーヒーを飲むけど、結局は眠くなってしまうなんていう方はここに原因があるかもしれません。

 

そんなわけで疲労を感じやすい原因は日常的なカフェインの摂取にあるかもしれないというお話ですが、解決策はいたってシンプル。

 

しばらくの間、「カフェインを摂取しないこと」です。具体的な日数としましては1~2周間ほど。

 

一定期間、カフェインを摂取しなければ脳の疲労を感じるレセプター(受容器)が正常に戻りますので、コーヒーなどを日常的に飲む方はたまに断カフェインする期間を設けると良いかと。

 

この断カフェインの間は、コーヒーを始めとするカフェインの含まれる飲み物は全て断たなければいけないのがツラいところ。OKな飲み物、NGな飲み物は以下の通り。

 

・飲んでOKな飲み物

水、炭酸水、フルーツや野菜のジュース、牛乳、ハーブティ、麦茶など

 

・NGな飲み物

コーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、栄養ドリンク(エナジードリンク含)など

 

・できれば飲まない方が良いもの

ココア、(飲み物ではないですが)チョコレート

 

基準は基本的にカフェインが入っているかいないかですね。ココアやチョコレートはカフェインが含まれている量が微量ですので、カフェイン断ちを徹底したい方はこちらも控えた方が良さそうです。

 

さて、私もコーヒーは飲む方なのでしばらくカフェイン断ちをしようと思うのですが、ジュースの類は飲まないので、カフェに行ったら何を注文すれば良いんでしょうかねえ・・・。ハーブティかカフェインレスコーヒーがあればありがたいんですが。

 

では。

 

 

スポンサーリンク