abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

ダイエットには食事と運動ともう1つ!!

f:id:abney:20181226171311j:plain
みなさんこんにちは。

 

食事と運動がダイエットに大事っていうのは、みなさんも充分ご存知かと思います。

 

ただ、タイトルに書いた通りあと1つ、これがおろそかだとダイエットにはかなり不利な状況になってしまうものがあるんですね・・・。

 

それは・・・

 

睡眠です!

 

人間は睡眠不足になると、「コルチゾール」というホルモンが、睡眠不足によって身体にかかるストレスを生命の危機と感じ、生命維持のためにエネルギー貯蔵庫である体脂肪を溜め込もうとしてしまいます。

 

簡単に言うと、きちんと寝ないと太りやすくなりますよって事ですね。

 

これだけでも睡眠不足がダイエットに良くないというのがおわかり頂けるかと思うんですがもう一つ。

 

人間の食欲をつかさどる「グレリン」というホルモンがありまして、これは胃から分泌されて脳を刺激し、食欲を増進させる働きがあります。

 

ここまで書けば大抵の方は想像がつくんじゃないかと思いますが、この「グレリン」は睡眠不足だと分泌量が増します!

 

ダイエットをしていると、食欲に負けてついつい必要のないものを食べてしまう時ってあると思うんです。

 

そして食べてる最中とか、食べ終わったあとなんかに、「自分は意志が弱いなぁ・・・」とか、「こんなメンタルじゃ痩せられないよなぁ・・・」とか、

そんなふうに落ち込む方もいるかもしれませんが、本来は食欲って人間の本能なので、それをメンタルの強さでコントロールするのは、かなり困難でエネルギーを必要とすることなんですよ。

 

つまり、「食べてしまう」のは、メンタルが弱いからではなく、「睡眠不足だから」という可能性があったりもします。もちろん他の可能性もありますが。

 

という事で、ダイエットをするのにも、まずは睡眠をしっかり取ることを意識することをオススメします。

 

今後、具体的な睡眠の質を上げるテクニックなどもご紹介していこうとは思いますが、まずは睡眠時間を充分に確保する事から始めるのが良いかと思います。

個人差はあるものの、理想な睡眠時間は7~8時間くらい、最低でも6時間は欲しいところ。

 

どうしても夜にまとまった睡眠時間が取れない場合は、「昼寝」もオススメ。昼食後に15分程度の昼寝を行なう事でストレスは軽減されます。どうしても寝れないっていう方は目を閉じて視覚の情報を遮断するだけでも、身体はかなり休まるそうです。

 

「ついつい食欲にまけてしまう」という方は、睡眠の改善をまずは試してみるのが良いかと思います。

 

ではまた。

 

スポンサーリンク