abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

わりと身近な飲み物がダイエットには重要!

f:id:abney:20190116174614j:plain
こんにちは。

 

ダイエットには食事と運動と睡眠なんて記事を書きましたが↓

www.abney.fit

以外に身近にあるものを見落としがちだなー・・・。なんて思ったりします。

私自身は食事のカテゴリに入るものという認識なんですが、それは・・・

 

水です!!

 

人間の身体は水分が足りていないと、充分に脂肪を減らしてくれません。それどころか血液の流れが悪くなり、代謝が低下して太りやすい身体になったりします。ダイエットには水分も超重要ですね。

 

ただ、じゃあ水をやたらたくさん飲めば痩せるのかっていうと、残念ながらそんな話でもなく、体液の濃度が低下しすぎて、かえって身体には悪影響だったりするんですよね。

 

なので、適量を知って飲むのが大事。

 

人間の水分の必要量は体格や生活スタイル、季節によりかなり左右されるんですが、最低でも1日に体重1kgあたり、40mlくらいの水分量は摂取したいところです。私の場合なら体重70kgくらいなので、1日に2,800mlくらいが目安ですね。運動をして汗をかく習慣がある人や夏場の暑い季節の場合なんかはもう少し摂取量を増やすと良いかと。

 

ただし、全て「水」で飲まなければいけないわけでもなく、食事に水分も含まれるため、その水分量を考えると、もう少し少なめでも良いかと思われます。

 

逆に気をつけて多めに水を飲むと良いのが、コーヒーや紅茶をなど飲む人、お酒を飲む人。カフェインやアルコールを含む飲み物は、あまり水分補給にならず、むしろ利尿作用により、体内の水分量を減らしてしまいます。

 

また、夏場の熱中症対策なんかに水分だけでなく塩分も摂ったほうが良いという話を聞いたこともあると思いますが、人間は体内の水分量が増えると体液の濃度が薄まり、体液が薄まると人間の体は水分を排出して体液濃度を調節しようとします。結果、かえって身体の水分量が減ってしまう事になります。

 

これを防ぐには水分量の摂取を増やす場合は塩分も少しだけ摂取を増やすことをオススメします。目安は1Lの水に対して塩分1~2g程度。市販の塩ならスプーンに半分くらいの量なので、わずかでOKです。

 

最後に、「白湯(さゆ)」について書いておこうと思います。

 

白湯を飲むと痩せるなんて事を言ってる方をたまに見かけるんですが、白湯っていうのは、水を沸騰させて冷ましただけのものなので、基本的には水と変わりません。水はダイエットに超重要ですが、水と白湯でそんなに効果に違いが出るとはちょっと考えにくいですね。

 

とはいえ、冷たい水だとお腹が冷えるので、お腹を冷やさずに水分補給したい方は白湯も良いかと。

 

では。

 

スポンサーリンク