abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

たくさん汗をかけば痩せるという誤解

f:id:abney:20190409143506j:plain

こんにちは。

 

運動指導の仕事をしていますと、お客様が指導者を判断する基準の一つとして、「汗をかかせてくれるか」があったりするように思えます。

 

確かに運動をして汗をたくさんかくと運動に対する満足度は上がるかもしれませんので、充実感を得たいという意味では良いかと思いますが、わりと「汗」に対する誤解が結構あったりする事も感じますので今回はその辺を書いていこうかと。

 

まず、生理学的な機能として汗は何のためにかくのかと言いますと、「体温調節」のためです。

 

ご存知の通り人間は恒温動物でして、身体の機能を正常に働かせるためには体温を一定に保っておく必要があります。

 

運動をしたり、夏の暑い日に屋外に出たりすると体温は上昇するわけなんですが、身体はこの体温の上昇に反応して「体温を下げないとヤバイ!!」と感じて汗を放出します。

 

水分っていうのは放って置くと蒸発(飲料水のペットボトルのように密封されている場合は別)するものでして、皮膚にかいた汗が蒸発する際に周囲の温度を下げる気化熱によって体温が下がっていきます。

 

「汗をたくさんかくと痩せる」なんて思っている方は結構いたりするのかもしれませんが、ここまで書きましたように汗っていうのはあくまで体温調節のためにあるので汗をかいた量と脂肪が燃えているかっていうのは、残念ながらほぼ別問題です。

 

「運動して汗をかいたら体重減ったよー」っていう場合は、汗の水分が身体から無くなっただけです。残念ながら水を飲めば元の体重に戻ります。というか、水分をしっかり摂った方が効果的に脂肪が燃えるというのは以前の記事に書きましたとおりなので、水はしっかり飲む事をオススメします。

www.abney.fit

前述のように、「充実感を感じるために汗をたくさんかきたい」っていうのなら良い事だと思いますので、どんどん汗をかいて頂ければと思いますが、「汗をたくさんかく=痩せる」だと思って不必要な努力をするのはちょっとどうかなー?って思ったりします。

 

具体的に、痩せるための行動としてあまり効果的ではないのは、

 

・サウナスーツなどの厚着の運動

・サウナに長時間入る

・熱い湯船に長時間浸かる

・暑い季節に屋外で長時間運動

 

あたりでしょうか。ちなみに最近、サウナはアンチエイジング効果もあるなんて言われてたりもするので、それ目的で短時間入るなら良いんじゃないかと思います。あくまでダイエット効果は無いよっていうだけの話です。

 

昔ですが、「ラップをお腹に巻いてお腹周りにたくさん汗をかいてお腹痩せする」なんてダイエット方がありましたがアレも無意味ですね。まあイマドキそれをやってる人も見かけませんが(笑)

 

では。

 

スポンサーリンク