abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

高栄養でアンチエイジングにもなる!?お手軽スーパーフード!!

f:id:abney:20190406153649j:plain

こんにちは。

 

食べると健康に良いスーパーフード!!みたいな食品には惹かれるところだと思います。以前から魚やブルーベリーなんかをオススメしたりしていますが、最も身近で手軽に食事に取り入れられるのは「卵」ではないかと思います。

 

そんなわけで今回は卵の話。

 

「卵は完全栄養食品」なんて事を聞いたことがあるかもしれませんが、卵にはビタミンCと食物繊維以外の栄養素が全て(ポリフェノールなど特別なものは除く)含まれています。

 

また、このブログでは何度もタンパク質の重要性を書いてきておりますが、卵は1個あたり6~7gとタンパク質を摂るための食材としてもなかなか有用です。

 

さらにすごい事に近年では、卵にアンチエイジング効果もあるんじゃないかって言われてきています。

www.ncbi.nlm.nih.gov

これは2型糖尿病の方を参加者を2つのグループに分け、卵を含む朝食を摂ってもらうグループと、オートミール(麦の一種)で朝食を摂ってもらうグループに分けて5週間後の健康状態を調べたところ、卵を食べていたグループの参加者は体内の炎症を引き起こす物質が減っていたそうです。

 

以前の記事でも書きましたように、体内の炎症っていうのは老化の原因になりますので、卵が炎症を抑えてくれるなら毎日でも食べたいところです。

www.abney.fit

この実験では2型糖尿病の方を対象としていますが、糖尿病の症状が無い方でも炎症を引き起こす物質は減るんじゃないかなー?というのが個人的な予想です。仮に炎症を抑える効果がなかったとしても、そもそも卵は栄養価が高いので、卵アレルギーでない限りガンガン食べた方が良いと思います。

 

そして、たまに「卵は高コレステロールだからたくさん食べない方が良い!」なんて言う方がいますが、この件に関しまして。

 

確かに昔はそう言われていたのですが、近年の研究では、食事から摂取するコレステロールは血中のコレステロール値にはほとんど影響しない事がわかってきていますので、現時点で健康な方は卵のコレステロールが原因で身体に悪影響が出ることはおそらく無いんじゃないかと。

 

そんなわけで高栄養でアンチエイジングにもなる(かもしれない)卵。ガンガン食べることをオススメします。ちなみに私は1日4~5個くらい食べています。

 

ただし、1個あたり80~90kcalと、カロリーに関しては高目なので、ダイエットしている方はカロリーには気をつけながら食べた方が良いかもしれません。

 

では。

 

スポンサーリンク