abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

実際、コラーゲンで美肌になるの?という考察。

f:id:abney:20190121232520j:plain

こんにちは。

 

コラーゲンで美肌になるかどうか問題っていうのは、各所で意見が分かれていまして。実際のところ、コラーゲンが肌に良いのかどうかを今日は書いていきたいと思います。

 

そもそもコラーゲンって何なの?ってところから書いていこうと思いますが、人の皮膚や靭帯、腱、骨などを構成する、タンパク質の一種です。

 

そして、人間の皮膚は大きく分けて、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっているんですが、そのうちの一つ、真皮を構成するタンパク質の約70%がコラーゲンで出来ています。

 

この真皮は肌を支える役割を担っていまして、この真皮を支えているのがコラーゲンなんです。コラーゲンは本来、体内で合成されるんですが、コラーゲンの合成量が少ないと、肌はハリや弾力を失います。

 

どうやらここから、「コラーゲンを摂ると肌がプルプルになる」みたいな説が生まれたようです。

 

しかしながら、前述したようにコラーゲンっていうのはタンパク質なわけで、酵素の記事で「人間の身体は酵素を摂取しても、タンパク質を摂取した」としか認識しないと書きましたが、

www.abney.fit

コラーゲンにも同様の事が起こります。コラーゲンを摂取しても、人間の身体は「タンパク質を摂取した」としか認識せず、摂取したコラーゲンは肌には行かずにタンパク質として消化、吸収、分解されます。

 

ここまではコラーゲンを摂取しても意味がない派の強調する説で、これは残念なことに事実なんですよ。コラーゲンを摂取しても肌には行きません。

 

ただ、最近の研究では、コラーゲンについて色々と新しくわかってコラーゲン摂取も意味があるんじゃないかという説が優位なようです。

 

コラーゲンは「グリシン」「プロリン」「ヒドロキシプロリン」というアミノ酸から構成されていまして、コラーゲンを摂取すると、この3種のアミノ酸に分解されます。コラーゲンは肌に直接行かないものの、この3種のアミノ酸が体内でコラーゲンを再び合成してくれるようなんです。

 

ちなみに、厳密には3種のアミノ酸のうち、ヒドロキシプロリンだけは体内に吸収されずに排泄されてしまいます。ただ、ヒドロキシプロリンはプロリンを材料に体内で合成されますので、結局、コラーゲンの効果は期待できるわけです。

 

そんなわけで近年では、やっぱりコラーゲンは美肌に効果的なんじゃないかと言う話ですね。

 

具体的にはこんな研究もありまして、

www.ncbi.nlm.nih.gov

いつも通りざっくりな解説をすると、12週間の間、コラーゲンを摂取した被験者は肌の保湿性と弾力が向上したよっていう研究です。

 

理論上、体内でコラーゲンを合成するにはビタミンCも必要なんですが、この研究ではコラーゲンとビタミンCを一緒に摂取した被験者とコラーゲンのみの被験者の間で、肌の質に有意な差は見られなかったようです。

 

とはいえ、ビタミンCも皮膚の健康維持には重要で、たくさん摂取してもデメリットはそれほどないので、摂っておくにこしたことはないんじゃないでしょうか。

 

という事で、コラーゲンは肌の質の向上には良さそうという見解です。ただ、居酒屋でコラーゲン鍋を食べたから翌日に肌がプルプルってこともないので、良質なサプリメントなどで地道に摂取するのがオススメです。

 

どうしても食事で摂取したいって方は豚バラ肉、鶏皮、手羽先、牛すじ、カレイ、エビあたりがコラーゲンの含有量が多いので、このあたりを食べると良いかと。

 

では。

スポンサーリンク