abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

ベジタリアンは本当に健康的か問題

f:id:abney:20190204194336j:plain
こんにちは。

 

以前、ホリエモンこと堀江貴文さんがTwitterで「ヴィーガンは身体に悪い」といった趣旨の事をツイートして炎上してましたが、実際のところヴィーガンってどうなの?といったお話をしていこうかと。

 

そもそもヴィーガンが何なのかわからないという方のために説明しておきますと、完全なる菜食主義者の事です。

 

菜食主義者、要はベジタリアンなんですが、一言でベジタリアンと言いましても色々なこだわりがあるようで、肉は食べなくても卵や乳製品はOKな方から動物性の食品は一切食べない(これがヴィーガン)方、もしくは、鶏肉と魚は食べるというベジタリアンもいるそうです。果たして鶏肉と魚は食べる人をベジタリアンと呼べるのかは不明なところですが。

 

さて、そんなヴィーガンが身体に良いのかという問題なんですが、結論から言うと、肉や魚を食べた方が健康は保ちやすいです。

 

人間の身体に必要な栄養素は多数あるわけで、植物性の食品だけでその全てを摂取するのは難しいんですよね。特にビタミンB12は基本的に動物性食品にしか入っておりません。

 

ビタミンB12は造血作用に関わるビタミンでして、不足すると貧血になったり動脈硬化のリスクが高まったり、はたまた集中力が低下したりする可能性があるなんて言われています。

 

また、以前より「ダイエットするにはタンパク質摂取だ!」という事を何度か書いていますが、

www.abney.fit

植物性の食品だと、大豆食品やブロッコリー、米や小麦なんかに含まれていますが、どれも動物性の食品ほど豊富に含まれているわけではないので、ベジタリアンの方がタンパク質を必要量摂取するのはわりとハードルが高そうです。

 

ちなみに納豆の一般的な商品で大体1パックあたり6~7gくらいのタンパク質が含まれるんですが、体重60kgの人が最低限のタンパク質量を納豆だけで摂取しようと思ったら10パックくらいは食べたいところ。私自身も納豆は好きなんですが、10パックはキツイ(笑)肉なら大体300gくらい食べれば摂取出来る量です。

 

タンパク質はダイエットだけじゃなく、美容や健康にも重要な栄養素なので、やっぱり充分な量を摂取していきたいところです。

 

その他、亜鉛や鉄分など、植物性食品でも摂れるといえば摂れるものの、不足しがちな栄養素などは結構あったりしまして、栄養摂取の点からはどうしてもベジタリアンは健康的と見るのは難しいかと。

 

そしてオーストリアのこんな研究もありまして、

www.ncbi.nlm.nih.gov

ベジタリアンは癌の発生率が有意に高く、鬱や不安障害に悩む人も多かったようです。

 

野菜自体を食べることは良いと思いますし、信仰上の理由なんかでベジタリアンの方もいると思いますので、菜食主義を全否定するつもりはありませんが、健康になるためであれば、肉や魚を食べた方が良いかと。

 

では。

 

スポンサーリンク