abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

タバコを吸うと見た目がどんどん悪くなるという話

f:id:abney:20190226144733j:plain
こんにちは。

 

タバコは健康に悪いというのはわかっていても、大半の喫煙者の方は「肺がんのリスクなんかが上がる」くらいにしか思っておらずタバコのデメリットをあまり身近に感じられていないのかな~?と思いました。

 

私自身はタバコを吸いませんが、確かに仮に私が超愛煙家で、タバコのデメリットに関する知識がなかったとしたら、誰かに「タバコは肺がんのリスクが上がるよ!やめたほうが良いよ!」と言われても、「知らんがな」と言って吸い続ける可能性は高いです(笑)

 

そんなわけでタバコのデメリットが縁遠くてやめようという考えに至らない方が多いんじゃないかと思いまして、今回はタバコの話。

 

結論をすでにタイトルで書いてしまっているんですが、タバコを吸うと見た目がどんどん悪くなっていきます。

 

具体的に書いていきますと、タバコを吸うことによって体内に有害物質が送り込まれ、その有害物質から身体を守るため、体内では活性酸素を大量に発生させます。

 

以前、抗酸化の記事で書きましたが、活性酸素は体内の有害物質の排除などの良い働きをする半面、発生しすぎると細胞にダメージを与え、身体を酸化させます。

www.abney.fit

また、タバコに含まれる有害物質は、体内のビタミンCを破壊し、なおかつ腸壁からビタミンCが吸収されるのを妨げてしまうため、喫煙をする方は慢性的なビタミンC不足に陥りやすくなります。

 

ちなみにタバコを1本吸うと体内では約25mgのビタミンCが破壊されるそうです。人間の1日のビタミンCの必要量は最低100mgと言われていますので、タバコを4本吸うと、人間が1日に必要なビタミンCがまるまる壊されるわけです。さらには喫煙者がビタミンCを摂っても吸収率が下がってしまっているため、よほど大量のビタミンCを摂取しないと追いつかなそうですね。

 

この活性酸素の大量発生による細胞ダメージとビタミンCの慢性的な不足により皮膚を始め、身体のあちこちの老化がガンガン促進され、結果的に見た目も悪くなっていくという話です。

 

喫煙者の見た目に関しては具体的に研究もされていまして、

www.ncbi.nlm.nih.gov

これは喫煙者と非喫煙者の双子の顔の違いを比較した研究で、喫煙者は非喫煙者の双子の兄弟に比べて、皮膚のたるみなどが顕著に現れていたとの事です。

 

喫煙のデメリットは多数ありますが、今回はタバコを吸うと老化は促進されて見た目もどんどん悪くなっていくよっていうお話でした。

 

とはいえ、言うほど簡単にやめられないっていう方は、メンタリストDaiGoさんの「メンタリズム禁煙法」を読んでみると良いかと。

DaiGoさんの著書はどれも科学的根拠のある情報をわかりやすく書いてあるので、非常に読みやすくてオススメです。前述の通り、私はタバコは吸いませんが、DaiGoさんの著書が好きなので読みました(笑)

 

ちなみにこの本は、家族や友人、恋人などの周囲の人のタバコをやめさせたい方にもぜひ読んで欲しい一冊です。

 

では。

 

スポンサーリンク