abneyのカラダマガジン

フィットネスインストラクターがダイエットや健康について語っていきます。

脂質を避けるべきか問題

f:id:abney:20190214154207j:plain
こんにちは。

 

ダイエットをしてると無条件で脂質を避ける人や健康のために脂っこいものは控える人なんかもいたりしまして、なんだか悪者にされることが多い「脂質」ですが、実際のところどうなのかっていうのを今回は書いていこうと思います。

 

まず、ダイエットに関して脂質がなんで悪者にされがちかと言いますと、単純に1gあたりのカロリーが高いからなんですよね。

 

基本的にカロリーを持つ栄養素は糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素なんですが、糖質とタンパク質は1gあたり4kcalなのに対し、脂質は1gあたり9kcalと倍以上なんですね。ここから脂質は太りやすいってイメージになったのかと思います。

 

ただ脂質は身体には必要不可欠な栄養素でして、脳や神経細胞の構成成分になったり、ホルモン合成の材料になったりしまして、不足すると疲れやすかったりビタミンの吸収が悪くなったり、肌が荒れたりで、むやみやたらと避けるのも良くないんですよ。

 

また、現代人はわりと脂質を過剰摂取しがちな傾向にあるんですが、必要な脂質は全然摂取できていなかったりなんてことは往々にしてあったりします。

 

どういうことかと言いますと、一言で「脂質」と言ってもいくつか種類があり、大半の方はおのいくつかの種類の脂質の中の、「多価不飽和脂肪酸」の「オメガ3系脂肪酸」というものが足りてないことが多いです。

 

このオメガ3系脂肪酸は青魚なんかに多く含まれる脂質で、摂取しても他の脂質に比べて体脂肪に変わりにくく、代謝を促進し中性脂肪を減らす働きなんかがありまして、ダイエットする上では適量摂取した方が良いんですね。とはいえ、もちろん1g9kcalの高カロリーなのは他の脂質と一緒なので、過剰に摂るのは良くないんですが。

 

また、オメガ3系脂肪酸はメンタルを改善して、うつ病の予防にも良いなんて言われていたり、血液がサラサラになるなんて言われていたりと、美容や健康には欠かせない脂質なのです。

 

そんなわけで脂質というのは確かに高カロリーなので、ダイエットする人なんかには「ガンガン摂れ!」とは言いにくいところですが、やみくもに避けるのはかなりデメリットも大きいんです。

 

具体的には青魚などをなるべく食べて、それ以外の脂質は少し控えめにするように意識すると良いのではないでしょうか。

ちなみにクルミにもオメガ3系脂肪酸は豊富に含まれているので、魚がどうしても苦手という方はクルミを食べるとよいかと、とはいえクルミも高カロリーだったりしますので食べる量にはご注意を。

 

では。

 

スポンサーリンク